【新オフィス紹介】東京支店を移転しました

2022年10月24日より、東京支店を浜松町へ移転しました。​

新オフィスのコンセプト

コンセプトは、「mutant communication design (ミュータントコミュニケーションデザイン)」​​

自然体の自分を意識することで、クリエイティビティを高め、​​
コミュニケーションが取りやすい環境で生まれる​
“mutant(突然変異)=「イノベーティブなアイデア」”を​創出しやすいオフィス環境を構築しました。​​

オフィス内で自然を感じるバイオフィリックデザインや、​ストレス軽減に繋がる眺望、​
マインドフルネスなメディテーションルームや、​
サステナブルを身近に感じるアップサイクルのインテリアを採用しています。​

また、フリースペースに多用した曲線のデザインは、​
​環境変化に応じて形を変え、突然変異を起こし、進化していくI-neのDNAを表現しています。​​

今後も、ソーシャルビューティーテックカンパニーとして、世界中のBOSSへ、 ​​
イノベーティブなアイデアと マーケティングで、幸せな体験をお届けします。​

オフィス内の紹介 

1.バイオフィリックデザインの導入

エントランスは、自然とのつながりを感じるバイオフィリックデザインとして、​北海道美幌町にある「BOTANISTの森」を再現したパルダリウム を設置しました。パルダリウム内は、湿度や風が自動管理され、北海道に自生する植物が育つ環境とほぼ同じ状態を保ち、自然との繋がりを感じる空間に設計しています。​

​※I-neが展開するボタニカルライフスタイルブランドBOTANISTでは、​2021年より売上の一部を活用した森林保全活動として、森林保全団体more treesと協働で​北海道美幌町に「BOTANISTの森」を展開し、森づくりの活動を実施しています。​

2.サステナブルな素材の活用

フリースペースは、テーブル天板の芯材に間伐材を使用したオリジナル家具の制作など、サステナブルな素材を活用した家具を中心に構成しています。また、ストレスの軽減につながるように設計された景色が一望できます。​

フリースペースには、廃棄衣料のアップサイクルで制作したオリジナルデザインのテーブルを設置。
こちらのテーブルは、Tシャツ換算で約30枚分の廃棄衣料を再利用しています。​

壁の一部に、ブラウン管テレビのガラスを100%アップサイクルしたガラス板を​使用。
21型テレビに換算すると、約13台分のガラスを再利用しています。​

ニッチ内には、調湿性能に優れている漆喰壁を採用。
漆喰は、年間を通して湿度を一定に保つ効果があり、​
過剰な空調コントロールを抑制し、快適で過ごしやすい空間となっています。 ​

3. 展示スペース

I-neが取り扱う全商品の展示コーナー。​
商品の香りのテイスティングや、家電・アパレルなどのお試しも可能です。

4.会議室

会議室は、広さの異なる10部屋を設置。​
各会議室には、柔軟なコミュニケーションの中から多くのイノベーティブなアイデアが創出されるよう願いを込めて、花言葉にインスパイアされた会議室名をつけています。​

5.メディテーションルーム

瞑想の花言葉をもつ「LOTUS」と名付けたメディテーションルームを新設。
暗めに照明設定された空間の中で、自分と向き合い、自然体でいることで、クリエイティビティを高めていきたい思いから導入しました。​

メディテーションルーム内には、ガラスの球体に自然を閉じ込めたテラリウムを展開。
廃材に植栽が施された美しい情景は、ご来訪いただいたお客様にもご覧いただけます。​

再生可能エネルギーの活用

入居する浜松町スクエアでは、電力100%再生可能エネルギー ReENEが採用され、弊社も活用させていただいております。​

オフィス概要

住所 ​
〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目30-5 浜松町スクエア13階​